ウラジオストク(出発〜ウラジオストク到着編)

5月24日。やらなければ、と思いながら延ばし延ばしにしていたら、あっという間に出発日前日になってしまった。

ほぼ徹夜で準備をして、ややハイな気持ちで成田行きの横須賀線に乗った。

NEXやスカイライナーなぞ使わない。せっかくの休日なのだ、のんびり行こうではないか。

 

と、思ったそばから、やや飽きつつ。

成田空港に着き、成田空港第一ターミナル北ウイングへ。

オーロラ航空のカウンタースタッフは、テキパキと手際が良く、非常に好感が持てる。

チェックイン後、手荷物検査をすんなりパスし、自動化ゲートを抜けると、思ったよりも時間が余ってしまった。

 

ぼんやりと時間を潰し、バスで飛行機の前まで。

浦塩までの飛行機は、オーロラ航空。ボンバルディアQ400。

タラップで飛行機に乗り込むと、今から旅に出るのだぞ、いう感じがする。

だから、往路に関しては、バスでドナドナされる方が好きである。

ボーディングブリッジは、なんというか色気がない。出発ロビーから乗り込み、ブーンと飛んで、到着ロビーに降りる。まるで3分クッキングだ。

 

 

さて、5月25日14時05分、我らがオーロラ航空3639便は、成田空港を定刻で出発した。

きちんと比較した訳ではないが、ロシアの航空会社は、離陸後、車輪をしまうのがやたらに早い気がする。

フワッと浮かぶ、と同時に格納してしまう。以前乗ったアエロフロートも早かった。

(なお、帰りのS7航空も早かった。)

この辺りが空軍上がり、というやつなのか。

 

アエロフロートといえば、以前、機内サービスのリンゴジュースがやたらにうまかったので、今回もリンゴジュースをいただいた。

やはり美味。しっかりと酸味があり、締まった香りがする。

人気があるらしく、まばらにしか客が乗っていないのに、すぐに新しいパックが開けられていた。

 

リンゴジュースを堪能し、持ち込んだ本を読んでいたら、2時間55分のフライトはあっという間。

ダーチャに衝撃を受けつつ、飛行機は、やや強引にウラジオストク国際空港に着陸した。

 

ウラジオストク航空は、がらんとしていて、ロシア軍の輸送機だろうか、飾り気のないジェット機がいくつか並んでいた。

 

タラップを降り、バスに乗り込む。

空港ビルに近づくと、どこかから「・・・松山空港やな」と聞こえてきた。

確かに松山空港に似ていなくもない。というか、地方の空港なんてまあ似たり寄ったりなのであろう。

 

何しろ乗客が少ないので、入国審査も荷物引き取りもスムーズで、少し拍子抜けしつつ、ATMを探す。

すぐにATMコーナーは見つかったが、ロシア語表記しかなかったり、カードを認識しなかったり、3機ほど試してやっと5,000ルーブル(8,500〜9,000円程度)を引き出せた。

この時、うっかり一度に引き出してしまったため、5,000ルーブル札が出てきてしまった。

高額紙幣は使いづらい。何度かに分けるべきであった。

 

タクシー編に続く。

 

おまけ

飛行機から見たロシアの森。

多分ヒグマいっぱい。アムールタイガーもいるかもしれない。

見渡す限り人里のない森に、一筋の道路。

見てるだけで不安に駆られるのは私だけではあるまい。

f:id:suzpen:20180605212316j:image