日日是女子日

細かすぎて役に立たない旅行ガイド

食べ物

美食の都リヨン、その3

年末年始リヨン旅行の続き この日の第一のミッションは、絵葉書を出すことである。ここでも度々書いているが、自宅に絵葉書を出すことは旅の楽しみの一つだ。郵便局もお国柄が出ていて楽しいのである。ちなみに「技術の進歩により世界と一瞬で繋がれる21世紀…

美食の都リヨン、その2

年末年始のリヨン旅行続き。 リヨン2日目の朝、爽やかな鳥のさえずりとともに目を覚ました。全く腹が減っていない。おかしい。これまで、どんなに夕食を食べ過ぎようとも我々の強靭な胃袋は翌朝までにキッチリ消化を完了してきたのだ。 もともと、我々夫婦は…

美食の都リヨン、その1

もはやコロナ以前ははるか昔のような気がするが、未完になっていた年末年始リヨン旅行の続きである。 たった数ヶ月で、世界は一変してしまった。 さて、リヨンに着いた我々は、Uberでホテルに向かった。地下鉄も便利なのだが、もう公共交通機関はお腹いっぱ…

広島

リヨン旅行記の途中だが、この前行った広島がとても良かったので、その模様をお送りする。 今年の2月11日、建国記念の日は火曜日であり、月曜に休みを取れば4連休である。年が明ける前から、これは是非とも休みを取ってどこかに行きたいと計画を練っていた。…

再びフランスへ。美食という名の胃袋酷使の旅。

と、大そうなタイトルで始まったのだが、「リヨンと言えばポール・ボキューズ」みたいな面々に最初に断っておくと、そんな上等な店には一件も行っていない。せいぜい庶民の贅沢レベルである。(ついでに、このエントリでは機内食とラウンジ飯しか出てこない…

旅の終着地、パリ編

2019年5月4日、パリへ。 タリスでケルンを後にした我々は、ドイツのあまりの居心地の良さにより、すっかり旅を舐めきっていた。 「やっぱり最初にインドとかロシアに行っちゃうとさぁ、先進ヨーロッパ諸国はパンチがないよねー。」などとわかったようなこと…

ドイツ編(ベルリン 、ケルン)

ドイツ編の続き。 まずはカフェで朝食を ベルリン2日目の朝は、ホテル近くの「アインシュタインカフェ」にて。Breakfast of Viennaセット(9.5ユーロ)にカフェ・オ・レを追加。 「ウィーンの朝食」セットには、半熟ゆで卵2個、山盛りのパン、ジャム(苺とア…

アムステルダム、ベルリン

ユーロスターのトラブルにより、ロッテルダムでインターシティに乗り換え、アムステルダム入りした我々の目的はクロケットの自販機である。説明するまでもないが、クロケットというのはまあ概ねコロッケのようなものと言ってよかろう。アムステルダム中央駅…

ロンドン(フォートナム&メイソン、ステーキフリット)

前回、ようやくロンドンにたどり着いた。 わざわざロンドンくんだりまで飛んだ目的は、ユーロスター乗車であった。ユーロスターの始発駅セントパンクラスに向け、まずは空港からヒースロー・エクスプレスでパディントンに移動、次いパディントンからセントパ…

サンクトペテルブルク〜ヘルシンキ〜ロンドン

ロシア編の続き。 GWの旅行記事がまだ終わらないのだが、年末年始も近づいてきたことだし、もう少しスピードアップしよう・・・。 さて、楽しかったサンクトペテルブルクの日々も終わりを告げ、旅立つときがきた。(滞在たったの三日間だけども。) 次なる目…

サンクトペテルブルク(ロシア軍登場!の巻)

エルミタージュ美術館の前に、戦車がたくさん並んでいたのは前に書いた。 その後も、切手を買おうと右往左往したり、青銅の騎士道像の横を通る間にも宮殿広場の方角から太鼓の音が聞こえてきたりして、何かが起きそうな予感はしていた。 あの大量の戦車がど…

京都(本家田毎、京夕け善哉、天龍寺の精進料理、他)

私の中で今幕末がアツい。 もともと日露戦争が激アツだったのだが、この最後の貴族戦でも幕末を生き残った人が活躍していたりして、今さら遡って幕末がアツいんである。(ちなみに、高校時代は地理選択だったので、知識はほぼゼロである。) さて、幕末とい…

サンクトペテルブルク(聖イサアク大聖堂、血の上の救世主教会、ロシア美術館)

ロシア編の続き。 サンクトペテルブルク観光その1をお届けする。 まずは、聖イサアク大聖堂へ。 ホテルに荷物を置き、服をあるだけ着込んで外に出た。寒いのだ。 そしてホテル、ペトロ・パラスから5分ほど歩き、聖イサアク大聖堂に到着した。 聖イサアク大聖…

GW旅行(インド、Select City Walk、ミールス食べ放題Suruchi)

インド編の続き。 一泊しかしてないインドに何記事書くつもりだ?いや、これがインド編最後である。 Indian accentでの食事の後は、もともと映画館に行くつもりだったのだが、残念ながら、ちょうど良い時間に上映がなかった。わざわざインド国歌までマスター…

GW旅行(インド、Indian accent)

インド編の続き。 今回、先が長いので、ディープインドには立ち入らず、とりあえず上澄みだけ見て満足しよう、というのが大前提である。インドの澱みで腹を壊し、旅行の間トイレに立て籠もるような事態は絶対に避けなければならない。絶対にだ! そう、イン…

GW旅行(インド入国、カレーを食べる)

計画も固まったことであるし、あとは時が来れば実行するのみである。 まず、旅行の1カ国目はインド。 デリーまで、特典ビジネスで快適な空の旅を楽しむ(JALだけど)。 ビアーとトメイトゥジュースでセルフレッドアイを楽しむ。 エサ。偏りっぷりがアヴァン…

お菓子の思い出(キャトル、ガトーノア)

私は甘党である。 どれくらい甘党かというと、甘いもので酒が飲めるくらいの甘党である。 要は酒好きの甘党なので、体に悪いことこの上ない。 和菓子洋菓子中華菓子、羊羹からロクムまでなんでもござれ!なのだが、何かひとつだけ選ぶとすれば、クッキー系が…

台風の過ぎた広州で、おいしい飲茶が食べたい。(蓮香樓)

台風の翌朝、腹が減って腹が減って辛抱たまらなかった我々は、いそいそと広州酒家に向かった。 広州といえば広州酒家、3大酒家のひとつでもある。 来る前から絶対ここに来ようと心に決めており、旅行初日にも行こうとしたのだが、文昌南路本店は結婚式で貸切…

台風迫る広州で、おいしい飲茶が食べたい。(西關粤)

広州に旅行に来ている。ナウ現在、台風22号が我々の上を通過中である。 本当であれば、広州酒家で飲茶を食べたり、本場の牛乳プリンを食べたり、色々やりたいことはあったのだが、22号はやたらに強いらしい。 フィリピン通過時よりは勢力が弱まったとはいえ…

京都でおいしい和食が食べたい(精進料理 阿じろ)

京都といえば、寺である。 本当は嵐山まで行くつもりだったのだが、朝寝坊したため広隆寺までしか行けなかった。 高校時代に日本史を取った人なら、広隆寺といえば「半跏思惟像シルエットクイズ」を思い出すだろう。菩薩像の頭にお団子がある方が中宮寺(奈…

京都でおいしい和食が食べたい(京夕け 善哉)

独身の頃、旅行だ出張だ、と何かと京都に行っていたくせに、京都でちゃんとした和食を食べたことがなかった。 理由は単純、和食に興味がなかったためである。何やら奥深い世界が広がっているのかもしれないが、自分の国の料理なんて面白くないよね、となんと…

香港、蓮香居で朝食を

香港といえば飲茶である。 むしろ飲茶以外に何をするのか。雲呑麺か、焼味か。亀苓膏に涼茶、菠蘿包も捨てがたい。って意外とあるな。いや食いもんしかないな。 まあとにかく香港に行ったので飲茶してきたぜ、という話である。 行ってきたのは「蓮香居」、香…

ブダペストとワルシャワ

ニューイヤーシーズンに、ブダペスト、ワルシャワに行ってました。ブダペストは3日間、ワルシャワは1日滞在です。 短期滞在のため、情報の信頼性はその程度。 Ⅰ. 旅のもろもろ 1. 経路 成田から、ワルシャワはフレデリック・ショパン空港を経由して、ブダペ…